• DVDサンプル
  • (株)RealStyleが出版しているDVD教材の一部をサンプルでご紹介します。

【フェデラー】の打点の謎

From ディレクター

フェデラーやナダルを見ていると

結構インパクトで腕が伸びている。

そんな印象はありませんか?

通常、グリップが厚くなると(セミウエスタン~ウエスタン)

打点は身体から近いほうが力が入りやすいと言います。

コンチネンタルなどはその逆で、

薄いグリップだからこそ、遠い打点も届くので

腕の自由度が高い、ということでディフェンスなどに用いられます。

しかし現代テニスでは

この「身体から遠くの打点でも、厚いグリップで打つ」ことができるようです。

しかもスイングスピードをさらに加速させる形で。

それはゲイブハラミロ第一弾でもお伝えした

レバレッジの腕の形とローディングという身体のひねりの複合のようです。

このあたりの最新テクニックも第二弾では紹介していきます。

今日も少しだけ動画をご覧ください。

関連記事一覧