• DVDサンプル
  • (株)RealStyleが出版しているDVD教材の一部をサンプルでご紹介します。

【まるで】マシーンのような精度

From ディレクター

鈴木貴男プロジェクトチームより

・・

あなたのスライスのグリップは
コンチネンタルですか? イースタンくらいですか?

やや厚めですか?薄めですか?

グリップについては、コンチネンタルグリップが
基本となりますが、多少の薄い厚いの個人差については、鈴木プロは問題ないとおっしゃいます。

ただし、そのちょっとのグリップの誤差で
打点が変わることを理解していないと

ボールを浮かしてしまう、と言います。

鈴木プロは、厚いグリップでも、薄いグリップでも
地を這うようなショットがなぜ打てるのか?

撮影を見ていて、その技術レベルの高さに目を奪われます。

何度やっても、全く、浮かないんです。
打点が違っても、スピードが違っていても…

シュパッッ!

とベースライン付近にマシーンのように正確に落ちます。
そのポイントは、グリップによる打点の違いでした。

スピンに比べ、スライスは

ある程度ボールを引きこんで(打点を後ろにして)
打った方が、回転が多くかかり、低い弾道のボールが打てる。

そう言われますが、実際にはスピンに比べて
どれくらい後なのでしょうか?

Disc1の冒頭のグリップの項目では
これらの打点とグリップの関係に迫っていきます。

・ボールが浮きやすい
・短くなる。

の原因は「正しい打点」で打ててないが故に
身体が開いたり、スイングが崩れたりするようです。

結構、わかっているようでだいだいの感覚で打っていますもんね。スライスって…

僕もどんなグリップであっても、自在に低く滑る
スライスをみて、もう一度勉強することが出来ました。

以外と知らないものです。もう一度その部分を意識して
スライスを打ってみると、全く力が要らないんです。

あの、うまくスライスが打てた軽い感覚。

シュパッッ!

この感覚が何度でも再現性が高く打てる事に改めて驚きました。

いつもはだいたいの感覚で打っているからこそ、
正確に打点とスイングを合わせると、本当に簡単にスライスが打てる。

シュパッッ!

フェデラー相手にフォアハンドを打たせない
超低空飛行のスライスの感覚がつかめると思いますよ。

関連記事一覧