• DVDサンプル
  • (株)RealStyleが出版しているDVD教材の一部をサンプルでご紹介します。

バック側に弾むリターンのコツ_ 鈴木貴男プロ合宿

FROM:ウメ

「バックの高く弾むボールのリターンってどうすれば上手く打てるのか?
試合で大事な場面はいつもバックを狙われる。」 

このような悩みを持っている方には、今回の記事がお役に立てるかもしれませ
ん。 

「サーブに押し負ける」「スイングが難しいので弱々しいリターンになる」
だからレシーブでは跳ね上がりを狙ってリターンするが上手くコースを突けずに
ポーチで決められる・・・スクールではコーチに

・「スプリットステップは前に入るように」とか・・・
・「コンパクトにテークバックです」とか・・・
・「腕や肩に力が入っていますよ!」とか・・

いろいろは試してみるものの、納得できるリターンは打てない・・・ 
またあれこれ試しても出来ないことでより高く弾むサーブへの苦手意識が強まってきた・・ 

と思っているのであれば、こんな風に考えてみませんか? 

今回ご紹介するアドバイスは鈴木貴男プロで、選手としては全日本選手権2連
覇、ウィンブルドンなどのグランドスラム出場、サーブ&ボレーを武器にロジャ
ーフェデラーと好試合を展開した世界が認める日本のトッププロの言葉です。

高く弾むサーブをリターンするときに、「左足とラケットを体から遠くにして
おいて、右足を少し前に踏み込む」と言っています。

よくリターンであるのが、ラケットを自分の体の近くで引くテークバックを
したり、体を横に向けようと足を使うが、その場で横に向けているだけで、
ボールからは離れていくような動きをしています。そうすると結果的に打点が
遠く弾んでいき、リターンが難しくなります。

動画の方法は構え方やフォームを変えることもないので、誰でもリターンの動き
に取り入れることができると思います。これなら苦手意識のある高く弾むサーブ
も上手くリターンできることで、ガラッと変わるかもしれませんね。

このあたりの詳しい説明をしてくれている動画をみつけましたので、シェアしま
す。 

鈴木貴男プロが考える、「バック側に弾むリターンのコツ_ 鈴木貴男プロ合宿」
です。 

動画はこちら

関連記事一覧