• DVDサンプル
  • (株)RealStyleが出版しているDVD教材の一部をサンプルでご紹介します。

鈴木貴男_フォアサイドのリターンが苦手な人必見!どこに打つかの前にどう打つかが大事!!

FROM:ウメ

もしあなたが「フォアサイドのリターンはどうも苦手だな」とっ思っているので
あれば、 この記事がお役に立てるかもしれません。

「フォアでリターンするとポーチされる」「打点が振り遅れる」 だからいつも
試合ではストレートにロブを打ったり、スライスでクロスに低く打って前に詰め
る。

最初はそれでも良いけど、段々フォアが打てないことがバレてきてフォアを
狙われる・・なんとか上達しようとスクールのコーチに

・「テークバックはコンパクトに!」とか・・・
・「打点はもっと体の前です」とか・・・
・「振らずに丁寧に合わせて打つ」とか・・

いろいろ教えてもらうけど、思うようなボールが上手く打てない・・・
またあれこれ試しすぎてフォームが乱れてきて、フォアサイドと言うより
フォアハンド自体に自信がなくなってきた・・ 

と思っているのであれば、こんな風に考えてみませんか?

今回ご紹介するアドバイスは鈴木貴男プロで、選手としては全日本選手権2連
覇、ウィンブルドンなどのグランドスラム出場、サーブ&ボレーを武器にロジャ
ーフェデラーと好試合を展開した世界が認める日本のトッププロの言葉です。

リターンの成功のカギは、「自分のコートのベースラインと間合いを取る」と
言っています。なぜ間合いを取るのか?それは相手のサーブのボールを利用する
ため。強く打つのではなく、ラケット面はボールの後ろにセットして、タイミン
グ良く打つことが重要となります。

相手の力を利用するので、大きなテークバックは必要なく、コンパクトなテーク
バックで充分です。それがかえって相手からすると、どこにリターンをするのか
が分からなくなります。

このリターンの方法はフォームやグリップを変えないので、誰でも自分のプレー
に取り入れることができ、今よりもリターンが打ちやすくなりそうです。

このあたりの詳しい説明をしてくれている動画をみつけましたので、シェアしま
す。 鈴木貴男プロが考える、「鈴木貴男_慎重に返す、フォア側のリターン」で
す。 

動画はこちら

 

関連記事一覧