【お父さんのための】お父さんの大嫌いなとこベスト1位は?

こんにちは!!
お父さんのためのテニス教室の佐藤です。

今日はジュニアの
モチベーションがガクンと下がる

「よくある身近な事例」を
お話します。

多くの親御さんが
”我が家は違う”
とお思いかもしれません。

しかし先に、言っておきます。

ほぼ大半のお子さんが各当します。
きっと”我が家”も例外ではありません。

特にお父さん、お母さんが
一生懸命であればあるほど

また親御さん自身が
テニスをやっていた、やっている
という経験があればあるほどです。

ジュニアが
最もストレスに感じてしまい…

また最も嫌な
思い出の中の1つとなること…

それは・・

■■■【食事の時に、試合のダメだしをされる】

ということです。

いかがですか?

ご家庭では
そういった事はありませんか?

これはトップになればなるほど、
テニスを競技としてとらえているジュニア程

「食事の際のダメ出し」を嫌がる。
そんな印象があります。

負けた試合や練習での
パフォーマンス

モチベーションや
コンディションについて

食事の最中にまで、
親からコーチングを受けることを
望んでいるジュニアはいません。

褒められるならまだしも、
唯一エスケープできる食事の時にまで

追いつめられると
逃げ場がなくなってきます。

高い月謝を払い
テニスをさせている。

この気持ちはわかります。

その環境の有難さ、感謝の気持ち、
そしてそれに対して

子供なりに一生懸命答える姿勢を
見せてもらいたい。

そう考える気持ちはごもっともです。

ですが、これも事実なんです。

ジュニアは食事の時に、親から

■■■ダメだしされるのを好む
   子供は誰一人としていません。

そしてこれが引き金となって
ジュニアたちは非常に大きなストレスを感じ

試合やテニスに対して
モチベーションを削られている…

そんなジュニアは多いと思います。

昔は、お父さんもお母さんも
僕が(私が)ボールがラケットに
当たっただけで喜んでいた。

ラリーが続いたら
すごく褒めてくれた。

だけど今は…。

きっと今でも
「褒めてほしい」感情が
あるのではないでしょうか?

もし思い当たる節があれば
ほんの少しだけでも
食事中は控えてやってください。

確実にその瞬間
その時間だけでは忘れられる。

そんな時間があるだけで、
気持ちはすごく楽になると思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

関連記事一覧