【お父さんのための】「伸びる子」の親は聞き上手!?

お父さんの為のテニス教室の佐藤です。

試合帰りの車中で
今日の試合を振り返り、話を聞くつもりが、
いつの間にか説教になってしまった。

そんな経験はありませんか?

子どもが何を考えてプレーしたのか?
どうしてあの場面であんなプレーをしたのか?

子どもの意見を聞き、
話をしながらコミュニケーションをとり、

少しでも今日の経験を
大切にしてほしい気持ちだったのに…。

ついつい、自分の意見を
押し付けてしまったことはありませんか?

そのことが原因で
テニスの話をしたがらなくなり、

「試合を観てほしくない」と
言い出したりします。

そして、ホームコーチは
お子さんとテニスの話を
しないように注意を促したり、、

練習の見学も
控えてもらうように言ったり、、

もし、このような状況に
なっているのであれば、

解決策は
「聞き上手」になることです。

だからと言って、、、

いいたいことがあったら、
何でも言ってこいよ。

オレは話を聞くのが好きだから
困ったことがあるなら何でも話しなさい。

では、ダメです。

待っているだけでは
相手からの発信は期待できません。

「聞き上手」な人は、
自分から近づき、声をかけ、

世間話をして、ものが言いやすい
雰囲気作りをします。

そして、大切なのは「聞き方」です。

大人が失敗するパターンは

相手が話している時に
腕組みをして
むずかしい顔つきになる。

年配者や立場が上の人に
多い傾向です。

自分ではそんなつもりでなくても、

・偉そうな
・威張った
・上から目線

などの感じを話し手に与え、
話す気になった気持ちをくじいてしまう。

不安になったり、反発したり、
あるいはもたついてしまいます。

話し手がもたついて、
内容がまとまらないようになったら

自分の聞き方に
問題があったのかもしれないと
振り返りましょう。

話し手を見て、
笑顔を浮かべ、
頷きながら聞く。

話し手からしたら
話しやすい存在ではないでしょうか?

「話を聞く」テクニックが
子どもの成長の手助けになるのかもしれません。

コーチを見極める時も同じです。

指導する側の人が
話したがり屋であれば、

自分の考えを
押し付ける指導をする場合が多いです。

優秀なコーチの多くが
「聞き上手」です。

なぜなら、コーチングの
テクニックの一つだからです。

「聞き上手」なコーチは
選手とのコミュニケーションがうまく、

その選手にあった
アドバイスを考えてくれるでしょう。

子どもが通う
テニスクラブを選ぶ時

料金や施設を見るだけでなく、
「聞き上手」なコーチを探すのもいいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もまたよろしくお願いします。

関連記事一覧