【プロの裏側】相手の逆を突く方法とは?【勝利の方程式】


From 黒田

こんにちわ。
市立中学テニス部なのに、
プロ選手になれた黒田です。

ーーーーーーーーーー
練習してるのに試合に勝てない、、、

試合になると上手く打てない、、、

どうすればポイントが取れるの、、、
ーーーーーーーーーー

そんな疑問をお持ちのアナタ!!

今回は、

【勝利の方程式】
相手の逆を突く方法編

を、お話しします。

相手の逆を突くとは?

相手の逆を突くとは、

相手の予想している
コースや球種などショットの
反対(逆)をする(突く)ことを指します。

もし、
これが出来れば

強打をしなくとも
チャンスボールを引き出せ
試合を優位に進めることができます。

とは言うものの
分かっていても出来ない、、、
と言うのが現実ですよね。

なぜ、簡単に出来ないのか?

何故なら
逆を突けると言うことは、

相手がどっちに動くのか?

相手が何を考えているのか?

を予測できると
言うことだからです。

僕は、
これが得意なので
簡単な方法を教えますね。

勝利の方程式

Step1

1つのコースを決め、
そこに向かって何度も打ちます。
*途中でコースを変えてはダメ。

Step2

相手がそれに気付き、
打つ前に動き出すのを確認します。
*読まれても気にしてはダメ。

Step3

Step2を確認できたら、
次のポイントの際に
3球目で反対のコースへ打ちます。

*どこから(場所)、何を打ったか
(フォアorバック)を忘れてはダメ。

Step4

Step3と同じパターン
になったら前回と反対のコース
(Step1と同じコース)へ打ちます。
*焦って、打ってはダメ。

以上、
4つのStepを順番に行います。

応用したい人は、
いくつかのパターンを
組み合わせてみてください。

何故、それだけで出来るの?

相手が、
①何を考え
②どこに動くのか
が、分からないのなら

まず、それを
「限定」すれば良いのです。

僕の場合は、

相手のバックハンド側へ
9割のショットを打つことで

相手にバック側に
ボールが飛んでくる。と思わせ、

バック側に動いてしまう状況を
僕自身が作っていました。

この状況を作れたら
あとは、好きなコースに打つだけ。笑

まとめ

戦略は、
情報操作から始まり
多くの要因が絡み合います。

しかし、
やってることは
意外とシンプルなのです。

まずは、
4つのStepに
トライしてみてください。

関連記事一覧