■「教わるのではなく、見て盗め」

こんばんは。
「お父さんの為のテニス教室」の佐藤です。

スポーツ選手や職人の世界では
「教わるのではなく、見て盗め」と話す
指導者が昔からいます。

では、いったい誰から
「見て盗む」のか?

一流の人間から一流の技を
見て盗めばいいのでしょうか?

もし、それが簡単にできれば
全員が一流の人間から多くの事を
吸収することができるはずです。

しかし、残念ながらそんなに簡単に
得られるモノではありません。

そこで、私なりの「見て盗む」ために
必要な方法を紹介したいと思います。

【あこがれの人を持つ】

最近ですが、
「やる気が起きない人」や「長続きしない人」

もしくは「すぐに心が折れる人」や
「諦めやすい人」など、

簡単に言えば、「根性がない人」が
多くなったように感じます。

その多くが
「目標設定ができない人」だと思います。

では、どうして目標設定が
できないのでしょうか?

それは「基準がわからない」からだと思います。

例えば、、『テニスで日本一になる』という
目標で考えましょう。

・どうやって?
・いつまでに?
・どこで練習すれば強くなれるの?
・どんな試合に出ればいいの?

など、わからないことばかりで
何を頑張ればいいのかわからなくなり、
目標設定ができなくなるのです。

そこで「あこがれの人を持つ」ことが、
目標設定ができない人には
オススメになります。

必ず自分のまわりには
尊敬できる人たちが多く存在します。

共通の目標があれば、
なおさら際立っているはずでしょう。

先ほどの『テニスで日本一になる』でも、
それに向かって何をしているかを知ることで

今までわからなかった「基準」が
わかるようになるチャンスがあるはずです。

「あこがれの人」がどんな練習をしているか?
どんな試合に出ているか?がわかれば、

自分も同じことすることで
目標に近づけるようになるはずです。

また、、、

自分が迷った時、
「あの人ならどうしたかな?」と、
天を見上げて考え

「あこがれの人」に近づくために
自分で自分を鼓舞することができるかもしれません。

【「自分もそうなりたい」と思う人のマネをする】

「あの選手みたいなプレーがしたい」
「あの人みたいにガッツ溢れるプレーがしたい」など、

尊敬まではいかないが
自分に持っていない能力や技術を持っている。

つまり、「あこがれの人」からだけでなく、
人間的には尊敬できない人でも、

その人の長所や
自分に欠けている能力に注意を向け
いい部分だけを【マネをする】ことです。

今までに師匠と呼べる方はいましたか?

もし、いれば、きっとその師匠の
「考え方」「仕草」「言葉使い」など
何かが似ているのかもしれません。

私にも師匠と呼べる人がいました。

今でもその人の「言葉使い」や
「話のネタ」をマネるクセがあります。

それが自分に自信を与えてくれたり、
新しいアイデアが浮かぶ
キッカケになる時もあります。

最近では身近にいる人の
「笑い方」「口癖」「リアクション」などを
マネています。

そのちょっとした変化(マネ)が
指導している子どもたちとの

コミュニケーションにも
影響することが多々あります。

「子は親を観て育つ」というのも
親の行動・仕草・言葉などを
マネて育つということでしょう。

実は「見て盗む」という力は
生まれた時から発揮しているのです。

それを上手く育て上げるのが
親の役目でもあります。

なので子どもが親を
「あこがれる存在」であり続ける為にも

親自身が自分を磨き続ける
必要があるのかもしれません。

この内容がお父さんお母さんの
参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事一覧