• ニュース
  • ニュース配信は、最新のATPやWTAなどの公式サイトが配信している動画を、ニュース記事と合わせて配信している、世界のトップ選手のニュース動画です。

錦織、復帰2戦目で約1年ぶりの勝利!

男子テニスのBNLイタリア国際(ローマ/レッドクレー/ATP1000)は14日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク35位の錦織圭が同44位のA・ラモス=ヴィノラスを6-4,7-6のストレートで破り、復帰後2戦目で初白星を挙げました。錦織にとっては、昨年の全米オープン2回戦以来、約1年ぶりの公式戦勝利となりました。

錦織は前週のジェネラリ・オープン(オーストリア/ キッツビュール/レッドクレー/ATP250)で復帰しましたが、世界ランク47位のM・キツマノビッチに6-4,4-6,2-6の逆転で敗れ、復帰初戦は勝利を挙げることができませんでした。

しかし、試合後には「100%ではなかったけど、今日のプレーには満足している。チャンスはあったから勝てなかったのは残念だけど、いい時間だったし、前向きな気持ちでいる。」とポジティブなコメントを残していました。

そのコメント通り、この試合でも前向きな姿勢で積極果敢なプレーを見せ、バックハンドのウィナーやネットプレー、サービスエースを放った際に「カモン!」と口にして自身を鼓舞。終始優位に立った錦織は、5本のマッチポイントを逃すも、最後タイブレークを制し、2時間を超える戦いに終止符を打ちました。

錦織は試合後、「勝ててとても嬉しい。今は勝つことが1番大事だと思うし、多くの自信をつけなければならない。昨年の全米オープン以来久しぶりに勝利できて幸せ。まだ完璧ではなかったけど、1つずつ良くなっていくことを願っている。攻撃的になれる時は攻撃的になろうとした。彼は強いトップスピンのボールが多くて簡単ではなかったが、良いディフェンスと良いオフェンスを心がけた。」と喜びと感想を語りました。

2回戦では、第10シードのS・ワウリンカと予選勝者の世界ランク249位、L・ムセッティの勝者と対戦します。

それでは、この試合のハイライト映像をご覧ください!

復帰第1戦、ジェネラリ・オープン1回戦のハイライトもどうぞ!

関連記事一覧