■過保護に選手(子)を育てるない為には!?

「お父さんの為のテニス教室」の佐藤です。

先日、偶然にも「読んでいた本」と
「観ていたテレビ」の内容が同じでした。

日本社会が抱える問題のひとつに、
親子関係の問題があげられています。

親が子を、
子が親を殺害してしまう事件や

家族内が変な人間関係になり、
猟奇的な犯罪を繰り返したりする事件

普通では考えられないような
ささいなことで

殺人事件や陰湿ないじめが
日常茶飯事のことのように起きている。

その原因の一つに
【親離れできない子どもと子離れできない親】
という内容の話がありました。

これを解決するためには
大人である親が

「親としての考え方を変える」ことが
必要とのことです。

その改めないといけない考え方が

自分が面倒を観られる内は
面倒を観てあげる

という考え方です。

これが過保護の原因になるそうです。

そこでカウンセラーの一言が

では、あなた(親)がいなくなってしまったら
子どもはどうなりますか?

親の役目は子どもが
自立できるように育てることです。

何が正しい育て方なのかを
説いた話ではなく、

現状を「親として子を育てる人に知ってほしい」
という内容でした。

私はジュニア選手を育成する指導者として
『選手(子)』と『親』と『指導者』の
三角関係が重要だと考えています。

良い親子関係がジュニア選手育成には
大きな影響があることは間違いありません。

しかし、親と子の関係まで踏み入ってまで
指導することは指導者として
過保護になり過ぎると考えています。

私たち指導者も、
そして、保護者の方も

子ども(選手)を大切に想うあまり、
過保護な行為をしているかもしれません。

その判別をするためには
常に情報を収集し、周りとの比較をする。

そうした繰り返しの中で
決断することが良い方法なのだと思います。

この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事一覧