【プロの裏側】試合あるある【不安と誘惑編】

From 黒田

こんにちわ。
市立中学テニス部なのに、
プロ選手になれた黒田です。

ーーーーーーーーーー
試合になると○○しちゃう、、、

練習通りに打てず、○○になる、、、

みんなは○○したことないのかな、、、
ーーーーーーーーーー

そんな疑問をお持ちの方の為に
今回は、

【勝利の方程式】
試合あるある【不安と誘惑編】

を、お話しします。

試合あるある とは

今回は、実際に
「今」の僕が大会に出場し、

プレーする中で何を感じるのか?
その際にどんな事を考えるのか?
どの様な成果が出るのか?

を、検証してみました。

3つのルール

今大会では、
3つのルールを決め、
全試合に臨んでみました。

【ルール】
1.スピンサーブのみ
2.スローボールのみ
3.バックへの配給のみ

実際に、このルールを
やり続けて感じたのは、

猛烈な不安と迷い
そして、甘い誘惑でした。

不安と誘惑

試合の序盤や
リードを奪った場面では、

違うコースへ打ちたいなぁ
 →色々したい気持ち

速いショットで決めたいなぁ
 →気持ちよく打ちたい気持ち

余裕あるフリしたいなぁ
 →カッコつけたい気持ち

という、
自分の心の甘い誘惑を感じ、

ゲームを取られて
接戦になってきた場面では、

自分から強く
打たないとダメなんじゃないか?
 →ラリーを続けてくる相手

色々なコースに
打ち分けた方がいいんじゃないか?
 →ハードヒッターの相手

厳しいコースに
打たないとダメなんじゃないか?
 →ネットプレーヤーの相手

という
猛烈な不安と迷いを感じました。

さらに僕には、

元プロのクセに
つまらんプレーするなぁ

と思われるのでは!?
という不安もありました、、笑

揺れる心の奥

揺れ動く心の中で

どう考えて、何をしたのか?
 →決めた事をやり切る!

ことを徹底的に意識します。

そうすることで、試合が
進むにつれて見えてくるのが、

相手の焦りや迷い

相手も同じように
不安や迷いを感じています。

こちらが
不安や迷いを感じながらも

同じ事を繰り返すことで、
相手はプレッシャーがかかり、

もっと強く打たないと!
厳しいコースに打たないと!
ドロップなど変化をつけないと!

といった様に、相手は
本来のプレーを見失うのです。

全ての選手が共通するもの

自分を含めた全ての選手は、

本来のプレーを見失うと
実力が発揮出来ないものです。

試合に勝つ為だけでなく、

自分自身がベストな
パフォーマンスをする為には、

決めた事をやり切る!

ことが、
とても大切だと思います。

しかし、
今大会の決勝戦では、

僕自身も
決意がブレてしまい

決めた事をやり切ることが
出来ませんでした。。。

僕の失敗を例に
その時の感情や考え、

どんな行動をしたのかを
次回、お伝えします。

関連記事一覧