【お父さんのための】「ペップトーク」で体罰は減る。

「お父さんの為のテニス教室」の佐藤です。

「ペップトーク」をご存知ですか?

ペップトークとは、、、

「勇気」「元気」「やる気」を引き出す、短くて分かりやすく、
相手の心(記憶)に残る「励ましの言葉」であり「究極のショートスピーチ」です。

スポーツでは、試合に向かう選手への声掛けを指します。
選手がその気になり、魂が震え、覚悟を決められる声掛けです。

その声掛けをするためには、
言葉遣いが非常に大切になります。

ネガティブな言葉を使ってしまえば、
選手は悲観的なイメージを持ちやすくなってしまいます。

そうならないために、ポジティブな言葉を使うことが大切なのです。

そのポイントは5つあります。

現状を受け入れる

はじめに、自分と相手の違いを受け入れる。
相手の力が上だったとしても、です。

ポジティブな表現を使う

「10回戦えば9回負ける」というのではなく、
「相手が9回勝つだろう。では、1回の勝ちを手にするために何をしようか?」

という表現であれば、
同じ確率でも勝機があるように感じられるでしょう。

効果的なキーワードを含める

普段の練習から「ファーストサービスはレシーブが返球しにくいサービスを打とう」と伝えることで、試合前に一言だけ「ファーストサービス」と言うだけで
選手は何をすべきかを理解し、プレーに迷いがなくなる。

内容はコンパクトかつシンプルに

短な言葉で伝えた方が頭に入りやすいものです。
言葉を引用したり、例題を挙げ過ぎると選手は「?」となり
何を話しているかまったく理解していない場合があります。

イメージを活用する

「負けたら罰走」と言われた選手は
負けて走らされて自分の姿をイメージしやすくなります。

「勝って全国大会でプレーしよう」など、
成功したイメージの言葉を選びましょう。

私たち指導者が「伝えるスキル」を身につけることで
体罰や言葉の暴力を無くすことができると考えています。

追伸

私が参考にしている「ペップトーク」を
紹介したいと思います。

それは「スポーツ映画」と「スポーツ漫画」です。

映画や漫画で感動させられるのは
この「ペップトーク」が使われているからです。

私が好きな映画は「タイタンズを忘れない」
私が好きな漫画は「はじめの一歩」

興味があったら観て下さい。

この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。

関連記事一覧