【お父さんのための】第一歩は3000分!?

「お父さんの為のテニス教室」の佐藤です。

新しいチャレンジを始めた時
始めたばかりは自信なんて無く

一歩踏み出すことが臆病になることが
多いのではないでしょうか?

その第一歩を
どんなタイミングで踏み出せばいいのか?

そんな悩みの解決の一つになれば幸いです。


・・
・・・

「はじめてのおつかい」という
テレビ番組を見たことはありますか?

私はその番組が好きで観ています。

頼まれたモノを買う子どももいれば、
余分なモノを買ってしまう子どももいる。

何が起きるかわからない小さな子どもの
大冒険は本当に面白いです。

弟想いのお姉ちゃんが荷物を持って
しかも、弟をおんぶして帰るシーンは泣かされます。

そこで今回は「はじての試合」について
考えてみました。

まず、参考までに

プロのレベルに達するためには
10,000時間の練習が必要だと言われています

1日3時間の練習だと考えると、
10年近く毎日練習必要があります。

例えば高校卒業と同時に
プロになるためには

最低でも8歳から
テニスを始めないといけないです。

しかし、始めたばかりで
いきなり3時間の練習はキツい。

テニスを始めて何年かは
60分~90分程度の練習が望ましいでしょう。

と考えると5歳前後からテニスを始めなければ
18歳からプロで戦うのは難しいでしょう。

では試合に出場するには
どれくらいの練習をすればいいのでしょうか?

小学生低学年 6か月~12か月
小学生高学年 3か月~6か月
中学生以上  3か月程度

私は練習時間が3000分を目処に「はじめて」の
大会出場をするように勧めます。

どうして3,000分なのか?

そう聞かれると正直困ります。

答えられるのは、
私の経験上、今まで3000分を目処に
大会の出場を進めてみると

最もモチベーションが高まり
適切に目標設定され

パフォーマンスが
伸びる傾向にあったからです。

もちろんこの3000分に全てが当ては
まるわけではありません。

あくまで1つの目安にすぎません。

現在の指導者が考える、適切なタイミングで
判断するのが最もいいと思います。

実はこの3000分。

色んなところで「初めて」の機会に
踏み切る目安として活用されています。

仮に1日60分を週2回だと考えると
6か月=2,880分

週1回の練習では
その倍の時間がかかるということです。

中学生以上になれば部活動が中心になり
朝練を入れると、1日120分~180分練習します。

入部が5月だとすると
2ヶ月後の7月末に大会に出場します。

これも1つの3000分という基準に
当てはまっています。

ここで言いたいことをまとめます。

親御さんの立場から見れば…

・サービスが入らないのに試合に出していいの?
・ラリーができないのに試合に出していいの?
・もしかしたらまだルールをわかってないかも?
・もっと練習してから試合に出場したほうがいいだろ?

と思われるかもしませんが
いつまでも基礎練習ばかりをしていると

子どもが退屈で目標を失ってしまう
危険性が出てくるのです。

平坦な日常練習では、
モチベーションが続きにくいのです。

適切なタイミングで1つの目標設定のためにも
試合に出場してみることをコーチが提案された場合

そこには適切な
意図とタイミングが含まれていると思って
前向きに考えて頂ければと思います。

「はじめてのおつかい」を思い出して下さい。

100%パーフェクトに買いものが出来るまで
買い物に行かせない選択よりも

出来るか、出来ないかわからない、
不安な状態であっても

「挑戦」させる決断のほうが、
きっと得るものが大きいと思います。

この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事一覧