• ニュース
  • ニュース配信は、最新のATPやWTAなどの公式サイトが配信している動画を、ニュース記事と合わせて配信している、世界のトップ選手のニュース動画です。
  • HOME
  • 記事
  • ニュース
  • ノリーがマスターズ初優勝!イギリス人の制覇も初! インディアンウェルズ!
BNPパリバ・オープン,シングルス決勝

ノリーがマスターズ初優勝!イギリス人の制覇も初! インディアンウェルズ!

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ/ハード/ATP1000)は17日、シングルス決勝戦が行われ、第21シードのC・ノリーが第29シードのN・バシラシヴィリを3-6,6-4,6-1の逆転で破り、ATPマスターズ1000大会初優勝を果たすとともに、英国人男子選手として初のBNPパリバ・オープン制覇を成し遂げました。

どちらが勝ってもマスターズ初制覇となったこの決勝戦、アグレッシブなバシラシヴィリと安定感のあるノリーがお互いに持ち味を発揮。拮抗した展開で1セットずつを取り合います。しかし迎えた第3セット、疲れの見え始めたバシラシヴィリに対し、そのすきを突いたノリーが序盤3ゲームを連取して一気にリードを広げ、1時間49分で悲願のマスターズタイトルを獲得しました。

ノリーは試合後の会見で、「ちょっとびっくりしている。大会前は少しナーバスになっていたし、この場所のコンディションにも慣れていなかったので、序盤はいくつかの厳しい試合があった。でもそれを乗り切れてラッキーだった。準々決勝まででトップ選手が全員敗れたのは奇跡的だと思ったが、残った4人を見て『うーん、これはチャンスだ』と思った。でもあまり先走りすぎないようには気を付けた。そして実際にビッグタイトルを手にできて、とにかく幸せ。本当に素晴らしい大会だった。正直に言うと、実は今も自分が何を経験したのかよくわかっていない。」と素直に語っていました。

ノリーはこの優勝で、世界ランクで初のトップ20入り(15位)を果たし、同23位のエバンズを抜いて英国ナンバー1の座につくことが決まっています。

一方、前日の16日に行われた男子ダブルス決勝では、第7シードのJ・ピアース/ F・ポラセック組がA・ルブレフ/ A・カラツェフ組を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで破り優勝しました。

シングルス3回戦で敗れたルブレフと4回戦で敗れカラツェフ。両者がペアを組んだダブルスでは決勝に進出しましたが、ダブルスで両者合わせてツアー41勝を誇る、ダブルスのスペシャリストペアに惜しくも敗れました。

それでは、シングルスとダブルスの決勝戦のハイライト映像をご覧ください!

関連記事一覧