• ニュース
  • ニュース配信は、最新のATPやWTAなどの公式サイトが配信している動画を、ニュース記事と合わせて配信している、世界のトップ選手のニュース動画です。
  • HOME
  • 記事
  • ニュース
  • 男子最終戦ATPファイナルズ開幕!予選レッドグループで準決勝進出2選手が決定!
NittoATPファイナルズ

男子最終戦ATPファイナルズ開幕!予選レッドグループで準決勝進出2選手が決定!

男子テニス最終戦のNittoATPファイナルズ(イタリア/トリノ/インドアハード)は大会5日目の18日、シングルスの予選ラウンドロビン「レッドグループ」の第3戦が行われ、第2シードのD・メドベージェフが、ベレッティーニの棄権により繰り上がり出場した第9シードのJ・シナーを6-0, 6-7 (5-7), 7-6 (10-8)のフルセットで破り、ラウンドロビン3連勝で準決勝進出を果たしました。

ディフェンディングチャンピオンのメドベージェフはこの試合、第1セットを圧倒的に奪いますが、第2セット以降、地元の声援を受けてギアを上げてきたシナーと大接戦となります。あまりの声援の大きさの違いにイライラを見せる場面もあったメドベージェフですが、第3セットタイブレークではマッチポイントを2本凌ぎ、最後はバックのダウンザラインを決めて、2時間29分の死闘に終止符を打ちました。

勝利したメドベージェフは試合後、「第1セットは私のプレーがよすぎたことから、逆にその後の展開が複雑になってしまった。第2セットで試合を終わらせたかったが、第2セットからシナーが素晴らしいプレーをした。いい試合だったと思う。この調子のまま勝ち進んでいきたい。今日はサービスが試合を通じてとてもよかったし、3試合連続で勝てたことは、自分のコンディションがいいということ。土曜日の準決勝に向けてしっかり準備したい。」と語りました。

一方、2019年のネクストジェネレーションATPファイナルズを、ワイルドカード出場で優勝し、この2年で一気に世界のトップ10にまで上り詰める急成長を遂げたシナーは、「今日は負けたが、来年に向けての大きな自信になった。今年も素晴らしい年だった。多くのハイライトがあり、特にここでのプレーは最高の気分だった。トップ10に入ることができたのは本当に素晴らしい。このような素晴らしい選手たちの仲間入りができたことは大きな喜びだ。そして、同じく重要なことは、選手としてだけでなく、1人の人間としても成長すること。今年はそういう意味でも成長できたと思う。」と1年を振り返りました。

これで、予選ラウンドロビン「レッドグループ」の試合が全て終了し、決勝トーナメント進出選手2名が決定しました。

まずは、第7シードのH・フルカチュ、第3シードのA・ズベレフ、第9シードのJ・シナーを立て続けに破ったメドベージェフが3連勝で、1位通過を決めました。そして2位通過は、メドベージェフに敗れたものの、ベレッティーニとフルカチュを破ったズベレフとなりました。

それでは、「レッドグループ」全試合のハイライト映像をご覧ください!













関連記事一覧